味が良い水はどれ?口コミで人気のウォーターサーバー比較

どのように探せばいいのか

ウォーターサーバーで使用する水は一括で比較出来るサイトは便利です。そこでは採水地や水の種類などで選択していくことが出来ます。

採水地に関しては安全性という部分が物凄く重要視されています。好みに関わる部分も大事なのですが、原発事故の影響もありとにかく安全性という部分が意識されることが事故以降は大きくなっています。そのような安全な水は採水地から探索するようにすれば簡単に探すことが出来ます。

具体的にウォーターサーバーに使う水は西日本の採水地から取水することでクリアしています。このような安全な水であるということが確認された後に味や使い方による違いで決めていくといいです。そのようにすれば安全で希望の水が入手出来ます。

味の違いはどれぐらいいあるのか

水はそれぞれ違った魅力があるので好みのものを見つけることが大事になってきます。大きく分けて硬水と軟水があります。

硬水は口当たりに癖がありますがミネラル分も多く含んでいるので飲料に適しています。スポーツドリンクの代わりになります。

軟水は口当たりがまろやかなので料理に適していてお茶にも合っていると言われています。味は硬水の場合は含まれているものでかなりクセがある場合があります。しかし不足しがちなミネラルやマグネシウムなどを補給することが出来て便通が良くなるというメリットもあります。軟水は水自体は大きく主張しないで料理を引き立てる役割があります。甘みがあるとかまろやかであるとかいろいろありますが、最初のウォーターサーバーはクセのない水を選ぶのがいいです。

ウォーターサーバーを使用した口コミ・体験談(20代/男性/使用歴2年)

ウォーターサーバーは小さめのボトルがお勧めです。

私は安全な水を飲みたいので、一人暮らしですが、ウォーターサーバーを導入しています。
なるべくお得に利用したいので、複数の専門業者を比較してから、最適な商品を見つけました。
一人暮らしだと水を消費する量が少ないので、小さめのボトルを選ぶようにすると2週間程度で使いきれるので便利です。
ワンウェイ式のボトルを選ぶようにすると、自宅でごみの日に処分ができるので、ごみが溜まらずに済みます。
初期費用をなるべく抑えたいので、ウォーターサーバーのレンタル料が無料の専門業者を選ぶようにしています。
ウォーターサーバーを設置しておくと、カップ麺やインスタントの味噌汁を作ったり、コーヒーやお茶を淹れるのも便利です。

コンパクトなサイズの商品がお勧めしたいです。

一人暮らしをしていると、部屋が狭いので、あまり大きいサイズの商品は適していません。
最近はスリムでコンパクトなサイズのウォーターサーバーが増えており、デザインもスタイリッシュで現代的なデザインなので、狭いマンションでも設置がしやすいです。
水の交換も足元でできる商品を選んでおくと、持ち上げる手間もないですし、ボトルの交換も楽です。
電気代などの光熱費を抑えたいので、省エネのタイプの商品を選んでいますが、電気ポットを使用するよりも安いので気に入っています。
一人で生活をしていると、料理などの家事をする必要がありますが、すぐに水やお湯が使えるので便利です。
じっくりと比較して、お得なお店を選ぶことが大事です。

ウォーターサーバー比較:味と品質について

ウォーターサーバー比較:味と品質について

昔は高価で簡単には手が出せなかったウォーターサーバーですが、技術の進歩によって近頃は随分とリーズナブルになってきて、家庭に導入を考える人も増えてきています。

水だけではなく湯も出ますし、水を宅配してくれるので買いに買いに行く手間や、重たい思いをする必要がなく、忙しかったり、自由に出かけられなかったりする方にはぴったりのものになっているのです。特に赤ちゃんや乳幼児がいる家庭にはあるとかなり便利で、ミルクや離乳食を簡単に作ることができるので役立ってくれるのです。
そういったことから導入を考える人が増えていますが、選び方にはポイントがあって、なるべく押さえておくことをおすすめします。

目的を見失わないこと

ウォーターサーバー導入の際で最も気になるところはやはりコストパフォーマンスで、リーズナブルになったといっても、それなりのおお値段がするのです。

次は利便性やサーバーの大きさやデザインといったところでしょうが、忘れてはいけないのが購入する水の味になるのです。ウォーターサーバーの意義はおいしく安全な水を飲めることにあって、どれほどコストパフォーマンスに優れていても、まずかったら意味がなくなってしまうのです。

そのため導入する際は、しっかりと味を比較してみて、自分好みのものを選ぶことが大切になってくるのです。
ただし毎日のものなのでコストも大切で、全体的に考えて選ぶ必要が出てくるのです。

ウォーターサーバーのノルマを比較してみた

ウォーターサーバーにはノルマがある!?

人によって毎日使用する水の量は違っていますよね。あまり飲まない方もいれば、毎日結構な量を飲むなど、ばらつきがあります。

その為、ウォーターサーバーを利用する際にも水の消費具合が違ってきますし、そこまで一杯配達をしてもらわなくても良い事もありますよね。
しかしながら、利用するウォーターサーバーによってはノルマが決まっている事があるのです。

つまり、1本だけボトルが欲しいと思っても、最低注文本数が決まっている場合ですと、2本以上は頼まなければならない事があります。

そのような契約の場合ですと、あまり飲まない人からすれば余ってしまう可能性もありますので、契約する際には最低注文本数をよく比較してみる事が大切ですね。

ノルマがなければお得!?

やはり都合に合わせて注文本数が決定できた方が便利ですが、最低注文本数に決まりの無い業者もありますのでご安心下さい。その為、「来月はちょっと控えたい」という時でも安心です。
しかしながら、最低注文本数が決まっていない業者の場合、ウォーターサーバーを利用する為のレンタル費用が掛かる事がありますので注意した方が良いと言えます。

注文してもらえなければ商売になりませんので、特に最低注文本数が無い反面、レンタル費用はしっかりと掛かる事があるのです。つまり注文せずともお金は掛かる訳ですので、結局は注文して美味しい水を楽しんだ方がお得な事もあると言えます。
どちらの方が良いのかは一概に言えませんので、ライフスタイルに合う方を選ぶ事が大切ですね。

ウォーターサーバー衛生面を徹底比較

水の基本知識:「安全な水」とは?

さて、本題である比較に入る前に、まず使用者の皆さんが「誰が飲む為に」ウォーターサーバーを利用したいと考えているのかが重要です。
何故なら、まずこれによって水の種類の選び方が変わってくるからです。
一般にはウォーターサーバーによって提供される天然水とRO水の内「赤ちゃんに提供される安全な水=RO水」という認識があります。
その認識は間違ってはいません。
特定の水源から採れた天然水が天然のミネラルや味を楽しむためのものであるのに対し、
採水地に関係なく特殊な機械によってろ過したRO水は赤ちゃんなどに飲ませるのに適している
より衛生面で安全な水ということができますし、採水場所を選ばないので災害時にはとても適しています。
また、そういった水としての選び方とは別に、定期的にメンテナンスを行ってくれるメーカーを選ぶのも
より安全性を求める上で重要です。

ウォーターサーバー比較

それでは以上のことを踏まえて、人気のRO水の分野でメーカーを選ぶこととします。
家庭で使うことを考えてまず便利なのは「フレール」。
重いガロンボトルに代わってゴミ袋としても使えるパックによる水の供給という利便性もさることながら
赤ちゃんでも安心して使用できる硬度3の超軟水という面も安心できます。
ランニングコストの安さで目を引く「アナピルウォーター」は、北アルプスの天然水をROろ過しているために
安全な軟水でありながらおいしさをも両立させています。
そして、ウォーターサーバーの老舗でシェアNo1ある「アクアクララ」は
その申し込みの3割が赤ちゃんがいる家庭のための「ママさんプラン」であることが
安心感と信頼感の裏打ちといっていいでしょう。
ここに挙げたのはあくまで参考です。
大切なのは様々な要素を考えて、より適したものを自分で見つけ出すことです。